種子コーティング

クラレポバールはコーティング種子に幅広く使用されています。クラレポバールの役割はフィルムを形成し種子を保護したり、美しい外観を保つだけなく、肥料や殺虫剤をより良く固着させ、発芽時の病害防除効果はもちろん、薬剤の飛散を防ぎ、作業者に対する安全性向上の効果もあります。使用するクラレポバールの種類により薬剤放出特性をコントロールする事も可能です。
 
更なる詳細は弊社担当者へお問い合わせください。