kuraray

種子コーティング

クラレポバールはコーティング種子に幅広く使用されています。クラレポバールの役割はフィルムを形成し種子を保護したり、美しい外観を保つだけなく、肥料や殺虫剤をより良く固着させ、発芽時の病害防除効果はもちろん、薬剤の飛散を防ぎ、作業者に対する安全性向上の効果もあります。使用するクラレポバールの種類により薬剤放出特性をコントロールする事も可能です。

更なる詳細は弊社担当者へお問い合わせください。

クラレポバールTMのバインダー力は非常に高く、この特徴を生かして、農薬、殺虫剤、殺菌剤の成型バインダー(棒状、ペレット状など)や展着剤として使用されています。また、土壌に対するバインダー力も優れているため、法面の浸食防止にも使用されています。

クラレポバールTMを用いた種子コーティングについて、ご興味、ご質問などございましたら、直接お問い合わせください。

連絡先クラレポバール™ 連絡先

連絡先クラレポバール™ 連絡先

詳しくはお問い合わせください

電話番号 +49 (0) 69 305 85343
お問い合わせフォーム

サンプル請求

Contact KURARAY POVAL


下記のフォームにご記入をお願い致します。