粘度・けん化度

粘度

酢酸ビニルモノマー(VAM)分子を幾つもつないで、ポリ酢酸ビニル(PVAc)とする反応を重合反応といいます。酢酸ビニル分子のつながった数を重合度で表します。重合度はポバール水溶液の粘度、皮膜の強度などに大きく影響します。

高粘度銘柄は皮膜強度、接着強度、エマルジョン重合安定性向上に寄与します。これらの特徴は接着剤や水溶性フィルムを製造する際に生かされています。

けん化度

ポリ酢酸ビニルの酢酸基を水酸基に置き換えポバールを合成する反応をけん化反応といいます。PVA中の酢酸基と水酸基の合計数に対する水酸基の割合をけん化度であらわします。けん化度の高い順に完全けん化、中間けん化、部分けん化PVA等といいます。PVAのけん化度は、溶解度、皮膜耐水性及び水溶液の表面張力に強く影響します。

けん化度別用途

高完全けん化:

耐水性フィルム・特殊紙・接着剤

完全けん化:

繊維後加工・紙加工・接着剤・セラミックスバインダー・土質安定剤

中間けん化:

経糸糊付(紡績糸)・繊維後加工・エマルジョン重合安定剤・セラミックスバインダー

部分けん化:

経糸糊付(紡績糸/フィラメント糸)・再湿接着剤・水溶性フィルム・エマルジョン重合安定剤・塩ビ懸濁重合安定剤

KURARAY POVAL™ L Series: A Low Degree of Hydrolysis PVOH

KURARAY POVAL™ L series have a low degree of hydrolysis. However, they are completely water-soluble. At 70–80 mol% hydrolysis, viscosity in a 4% aqueous solution ranges from 5 mPas to 8 mPas. These products are very effective as protective colloids in the PVC suspension process. Kuraray also offers LM series that are completely water soluble.