ポバールについて

クラレについて

ポバールは白色、粉末あるいは顆粒状の形態をした水溶性の合成樹脂です。

ポバール(PVA)は化学名をポリビニルアルコール(Polyvinyl AlcoholPVA)といい、合成高分子の一種でありながら“水に溶ける”というユニークな性質を持っています。

この特徴を生かし、合成繊維ビニロンやポバールフィルムの原料、繊維加工剤、紙加工剤、接着剤、無機物のバインダー、塩化ビニル樹脂の重合安定剤など、広い範囲で利用されています。


クラレポバールの歴史
クラレポバールの歴史

クラレのポリビニルアルコール(クラレポバール)の歴史は、1950年代初頭、富山工場での生産から始まりました。

ニュース
ニュース

クラレポバールに関する新着情報や、イベント・メッセなどの情報を掲載しています。

環境・安全
環境・安全

クラレは従業員だけでなく、消費者、近隣住民も含めた全てのステークホルダーの利害を尊重しています。